【PR開示】当ブログの記事には、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。 詳しくは利用規約をご覧ください。

DeFiの基本とプロトコルを理解する: 目指せ途上国の救世主!!

DeFiの基本を理解する: 総合ガイド キホンの仕組み

こんにちは。DeFi牧場のおーじぃ(@DeFi_Ranch)です。

急速に進化する金融の世界において、分散型金融Decentralized Finance:DeFi)は、従来の金融システムを再定義する革命的なコンセプトとして登場しました。

この記事では、DeFiの基本的を解明し、この革新的な金融状況に関心を持つ人への情報を提供することを目的とします。

DeFiとは何か?

DeFiのプロトコルを掘り下げる前に、DeFi(分散型金融)とは何かを理解することが重要です。

一斉を風靡し、下火となったかに見える言葉ですが、その本当の価値について、改めて深掘りしてみましょう。

DeFiのコンセプト

DeFiの目的は、従来の金融システムを非中央集権的に再構築することです。

ブロックチェーン技術を活用し、お金の貸借、取引、投資が個人間で直接行われるため、銀行やブローカーといった仲介業者がいらなくなり、余計な手数料を支払ったり、煩雑な手続きを気にすることなく、少額から自由な取引が可能となります。

DeFiの重要性

DeFiは単なるバズワードではなく、金融の未来にとって必然的な変化です。

仲介者を排除することで、DeFiは金融を民主化し、よりアクセスしやすく効率的にする事が可能です。また、従来の金融システムでは不足しがちな、透明性安全性も確保できます。

DeFiと発展途上国: 変革をもたらす関係

DeFiは、発展途上国に大きな影響を与える可能性を秘めており、これらの地域が直面する最も差し迫ったいくつかの金融問題に対処することが期待されています。

金融アクセスの向上

発展途上国の人口の大部分は、銀行施設からの距離必要書類の不足最低残高要件を満たせないなどの理由により、基本的な金融サービスを利用できない状況です。

DeFiは、スマートフォンインターネット接続さえあれば、誰にでも金融サービスを提供することができ、これらの課題を一気にクリアすることができます。

これにより、発展途上国の個人や企業は、今まで難しかった教育事業のためのお金を工面することができ、未来への選択肢を増やすことができるようになります。

送金コストの軽減

発展途上国の出稼ぎ労働者が故郷に送金するお金は、自国の経済において重要な役割を果たしています。しかし、せっかく稼いだお金も現地の伝統的な金融機関の高額な国際送金の手数料によって大きく目減りしてしまいます。

DeFi(暗号通貨)を活用した低コストの送金を利用することで、発展途上国内の経済成長を加速させることができます。

個人による少額融資

今後も成長し続ける途上国において、融資へのアクセスは重要な課題です。

伝統的な金融機関は、貧困層や中小企業への融資はリスクが高すぎる、あるいは十分な利益が得られないと判断することが多く、実行可能性は低くなりがちです。

DeFiによる融資はスマートコントラクトを活用することで、個人が他人に直接融資することを容易にします。これにより、途上国の起業家や中小企業が必要な資金を確保してもらい、安定した経営を支えることができます。

資産の保全(減らさない)

多くの発展途上国では、高いインフレ率貯蓄(自国法定通貨)の価値を上回る可能性があります。

DeFiは、ステーキングやイールド・ファーミングといった様々な利回り創出を提供しており、インフレを上回るリターンを得ることが期待できます。

また、不安定な自国の政策から独立した暗号通貨に分散させることにより、自分たちの資産が一撃で激減するリスクを軽減することができます。

金融知識の向上

DeFiに参加することで、金融の概念仕組みについてより深い理解を得ることができます。

これにより、個人の金融リテラシーが向上し、十分な情報に基づいた金融上の意思決定ができるようになります。

DeFiの基本プロトコル

DeFiの基本を理解したところで、この革新的な金融エコシステムを支える基本のプロトコル(規則)を探ってみよう。

スマート・コントラクト

スマートコントラクトは、その名の通り「賢い契約書」のことで、取引の自動実行を可能にします。

あらかじめ決められた条件が満たされると自動的に取引が実行され、信頼性のない透明性の高いやり取りが保証されます。例えるなら、自動販売機のようなものです。

従来型の契約は、長い契約書(利用規約)を読んだり、窓口まで出向いて判子を押したり、重めの契約だと立会人が必要だったり、収入印紙を貼らないといけなかったり、といろいろと面倒がありましたが、スマート・コントラクトならネットで完結しちゃいます!

関連記事
>> イーサリアムとは?ビットコインとの違いをわかりやすく解説【デジタルオイル】

流動性プール

流動性プールとは、出し入れ自由な共用の貯金箱のようなもので、DeFiに必要な資金を提供するという重要な役割があります。

資金を提供するユーザーのメリットは、その貯金箱が自働で働き副収入を得ることができるからです。

イールドファーミング

イールドファーミングは、流動性マイニングとも呼ばれ、流動性プールから報酬を得ることを指します。

流動性プール(共用の貯金箱)を利用し、プラットフォーム内で通貨の両替サービスを提供します。両替したいユーザーから手数料をとり、その売上をプラットフォームと資金提供者で山分けします。

詳しい解説は、こちらの記事にてどうぞ!

関連記事
>> 流動性マイニングの仕組みとは?|損失リスクに要注意【PancakeSwapなど】

ステーキング

ステーキングは、流動性プールとは逆に、ユーザーの資金を一定期間ロックすることで、DeFiの安全性内部統制を高めるという重要な役割があります。

特定のブロックチェーンに、複数のユーザーが資金(暗号資産)ロックすることで、その見返りとして報酬を得ることができます。

詳しい解説は、こちらの記事でどうぞ!

関連記事
>> 仮想通貨ステーキングとは?仕組みや意味やリスクを初心者が解説

人気のDeFiプラットフォーム(プロトコル)

DeFiのプロトコルをよりよく理解するために、最も人気のあるDeFiプラットフォームと、それらがどのようにプロトコルを利用しているかを見てみよう。

Uniswap(ユニスワップ)

Uniswap(ユニスワップ)

Uniswapは、DeFiトークンの自動両替のプロトコルです。

Uniswapは流動性プールを採用しており、ユーザーは他のユーザーからではなく、プールから直接取引を行うことができる。このモデルにより、従来の取引プラットフォームで一般的に使用されていたオーダーブック(取引価格表)が不要になります。

Curve(カーブ)

Curve(カーブ)

Curveは、ステーブルコインに特化した自働両替のプロトコルです。

ステーブルコインとは、法定通貨(主に米ドル)と連動した価格が安定した暗号資産。このステーブルコインに特化することで両替時の価格誤差を最小限にし、ステーブルコインを両替する際の費用対効果を高めています。

Compound(コンパウンド)

Compound(コンパウンド)

Compoundは、DeFiトークンのレンディング(貸通貨)のプロトコルです。

ユーザーは暗号資産を預けることで、利息を得ることができます。また、預けた資産を担保に借り入れを行うこともできます。借金の金利は需要供給に基づいたアルゴリズムにより決定されます。

Balancer(バランサー)

Balancer(バランサー)

Balancerは、自動化されたポートフォリオ管理プロトコルです。

ユーザーは暗号資産を預ける際にトークン比率を指定価格が変動してもその割合を自動的に維持するようにリバランスをしつつ、同時に資金の流動性を利用して利息を稼いでくれます。バランサーの柔軟でダイナミックな性質は、DeFi経済圏の重要な役割となっています。

DeFiプロトコルの将来

DeFiが進化し成熟し続けるにつれて、そのプロトコルはより洗練されたものになり、金融業界を再構築する可能性があります。また、人工知能機械学習の統合は、これらのプロトコルをさらに強化し、より効率的で安全なものにするという期待も高まりつつあります。

DeFiの世界をナビゲートする

この記事では、DeFiの基本的を解明し、この革新的な金融状況にに付いて解説しました。

DeFiの世界は複雑で変化し続けていますが、基本的なプロトコルを理解することが、このエキサイティングな新境地を切り開く第一歩となります。

どのような金融活動にも言えることだが、自分で調査し、リスクを理解することが重要です。参加ハードルが高く、大きなリスクを伴う世界ですが、金融を民主化する可能性を秘めたDeFiについて、引き続き情報をフォローしていきます。

ではでは。

よくある質問 – FAQs

DeFiと従来の金融の違いは何ですか?

DeFiと従来の金融の主な違いは、分散化にあります。

従来の金融は中央集権的で、銀行や証券会社のような仲介業者を通した取引が必要でした。一方、DeFiはブロックチェーン技術で運営されており、仲介者を介さずに1対1の取引が可能なので、より効率的な金融システムを実現することができます。

DeFiの安全性は?

DeFiの安全性は様々な要因に依存します。

透明で不変であるブロックチェーンの性質上、技術自体は安全ですが、他の金融システムと同様に、DeFiもリスクと無縁ではありません。

スマートコントラクトのバグ、プラットフォームの脆弱性、市場のボラティリティ、更には悪意を持った詐欺プロジェクトなど、様々なリスクに晒されています。DeFiに参加する前に十分な調査を行い、これらのリスクを考慮することが極めて重要です。

DeFiを始めるには?

DeFiを始めるには、①暗号通貨を取引所で購入 → ②自分のウォレットに送金 → ③DeFiプラットフォームに接続、というざっくり3ステップが必要です。

特に②以降は、全てが自己責任の世界。小さく始めること、やりながら学ぶこと、そして決して失う余裕以上の投資はしないことを忘れないでください。

DeFiにはどのようなリスクがありますか?

DeFiにはいくつかのリスクがあります。

① スマートコントラクトリスク(コントラクトコードにバグが発生するリスク)
② 金融リスク(市場の変動や投資の失敗によって資金を失うリスク)
③ 運用リスク(プラットフォームやサービスが利用できなくなるリスク)
④ 詐欺被害リスク(悪意ある他者からの盗難・詐欺に遭遇するリスク)

などなど。これらのリスクを理解し、軽減するための対策を講じることが重要です。

DeFiの可能性とは?

DeFiは、金融業界をより透明化し、アクセスしやすく、効率的にすることで、金融業界に革命を起こす可能性を秘めています。

銀行口座を持たない人々や銀行口座を持たない人々に金融サービスを提供し、利息を得たり、資産を取引したり、金融の意思決定に参加したりする新たな機会を創出することも期待されています。


タイトルとURLをコピーしました