最大年利12%のVauld(ヴォールド)が230種の仮想通貨レンディングに対応!

最大年利12%+のVauld(ヴォールド)が230通貨レンディングに対応!レンディング

こんにちは。DeFi牧場のおーじぃ(@DeFi_Ranch)です。

2021年は「DeFi牧場」というタイトルの割に、税金の計算が面倒そうでDeFiをあまり活用できませんでした。
そこで、昨年末に税金自動計算サービス「Koinlyを導入し、ようやく全力DeFi活用する環境が整いました。

関連記事
>> DeFi対応!仮想通貨の税金自動計算サービス「Koinly」で確定申告が気持ちイイ♪

DeFi(分散型金融)利用をすすめる中、新進気鋭のレンディングサービス「Vauld(ヴォールド)」が2022年1月25日に新たに230通貨のレンディングに対応!というニュースが飛び込んできました。

今回の記事では、最大金利12.68%を誇るレンディングサービス「Vauld」について調査してみたいと思います。

Vauld(ヴォールド)とは?

Vauldは、インド人企業家の2人が設立したシンガポールの企業です。仮想通貨の利用価値を高めるため、使いやすく安全な仮想通貨の銀行サービスの提供を目指しています。

具体的なサービスは、以下の3つです。

①Earn Interest:仮想通貨を預けて金利を受け取る
②Borrow:預けた仮想通貨で別の通貨を借りる
③Trade:仮想通貨を交換する

ヨーロッパとインドを中心に世界160カ国に30万人以上のユーザーを抱え、運用資産は1年間で200倍にも増えたと報じられています。

また冒頭でも触れた通り、2022年1月から取扱通貨を一気に増やし、おそらく現時点の仮想通貨系銀行系サービスとしては最大規模の275通貨に対応しました。

外部サイト
>> Vauld’s user base and assets under management have grown more than 200 times
>> Singapore-Based Crypto Exchange Vauld Lists 230+ Crypto Assets

Vauldの安全性

Vauldでは、大きく2つの安全対策が施されています。

①マルチ署名システム:ヒューマンエラー対策
②コールドウォレット:ハッキング対策

ユーザーから預けられた資金は、すべて「貸付プール」に移動されます。

このプールは、世界有数のカストディアン(保管専門機関)である「BitGo」によって複数の電子署名が必要(①)コールドウォレット(②)で安全に管理されています。

引用|Vauld公式サイト

さらに、最悪の事態に備えた「1億ドルの保険金」により、ハッキング、秘密鍵の紛失・盗難、従業員の不正行為などが起こった場合でもユーザーの資産が補償されます。

プールの図の右下にある通り、トレードに関してはBinanceが交換パートナーとなり、円滑な取引をサポートしています。

Vauldの投資家&パートナー

Vauldは、2021年7月にPayPal創始者であるPeterThiel率いるValarVenturesから、2,500万ドル(約29億円)を調達しました。

調達した資金は、顧客基盤を拡大するため、様々な国でのライセンス取得、マーケティング、カスタマーサポートの強化に向けて、人員を追加する予定です。

引用|Vauld公式サイト

VauldはDeFiなの?

いいえ、違います^^;
企業が運営するサービスなので、バッキバキのCeFi(中央集権型金融)です。

とは言え、仮想通貨に特化してスタートした企業なので、ネットメインでサービスが提供されており、従来の銀行や証券会社と比較し、ムダなコストがカットできる分、十分な利益や利回りを確保することができるはずです。

DeFiに関しては、以下の記事をご参照下さい。

関連記事
>> DeFi(分散型金融)とは?3つのメリット&デメリット

Vauldの利息金利(APR)

Vauldの利息金利は、以下の通りおおむね4段階となっています。


Savings
(普通金利)
Fixed Deposit
(固定金利)
Borrowing
(借入金利)
ステーブルコイン9.41%12.68%13.00%
超高金利通貨12.73%12.68%13.00%
高金利通貨4.60%6.70%7.50%
中金利通貨1.00%3.04%4.00%
低金利通貨0.50%1.00%1.00%
2022年1月時点 (最新情報は公式サイト参照)

具体的な通貨名を時価総額の上位だけ抜粋してみました。(2022年1月末時点)


対象対象外
ステーブルコインUSDT/USDC/BUSD
DAI/TUSD/USDP
UST
USDN/FEI
超高金利通貨MATIC
高金利通貨BTC/ETH/XRP
中金利通貨LINL/UNI/FTT
XLM
低金利通貨BNB/ADA/SOL
DOGE/DOT/SHIB
ATOM/LTC/NEAR
TRX/BCH/FTM
LUNA/AVAX
CRO/ALGO
2022年1月時点 (最新情報は公式サイト参照)

競合他社比較

代表的な通貨の利息金利を比較してみました。

普通金利


VauldNexoBlockFi
USDT9.41%8-10%8.75%
(~20,000)
BTC4.60%4-5%4.5%
(~0.1BTC)
ETH4.60%4-5%5%
(~1.5ETH)
XRP4.60%4-5%
BNB0.50%4-5%

※Nexoの金利は、独自トークン「$NEXO」の保有割合によってランクが上がり、金利が上昇します。
※BlockFiの金利には、数量に上限があり、上限を超えた部分に対しては金利が大幅に下がります。

定期(1ヶ月)金利


VauldNexoBlockFi
USDT12.68%
BTC6.70%+1%
ETH6.70%+1%
XRP6.70%+1%
BNB1.00%+1%

その他、詳細な違いについては、以下の記事でご確認下さい。

Vauldのメリット・デメリット・リスク

Vauld(ならでは)のメリット・デメリットをまとめてみました。

※レンディングサービスの共通リスクは後述

メリット

・BTC/ETH/XRPの金利が高い
・預金対象通貨が多い(250種以上)
・定期預金解約のペナルティーがない

デメリット

・すべての金利が高いわけではない
・出金手数料が実費

Vauldのメリット

BTC/ETH/XRPの金利が高い

仮想通貨のツートップBTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)はもちろんのこと、日本人に人気のXRP(リップル)も含めた3つの通貨が1ヶ月定期で6.7%の高金利!

その他、ステーブルコインやMATIC(ポリゴン)は、1ヶ月定期預金で12.68%となっています。

預金対象通貨が多い(250種以上)

一般的なレンディングサービスと比較し、圧倒的な275種類の通貨に対応!

ステーキング機能がなかったり、インパーマネントロスが怖くて流動性提供しにくいコインなどの値上がり待ちの期間も1ヶ月定期で1〜3%で運用することができます。

定期預金解約のペナルティーがない

1ヶ月定期を解約した場合、基本金利に戻るだけでペナルティーはありません。
つまり、価格の暴落時にステーブルコインを購入資金に回すなど、柔軟な運用が可能です。

Vauld公式解説
>> How to opt-out of a Fixed Deposit? Cancellation fees?

Vauldのデメリット

すべての金利が高いわけではない

金利一覧でもご覧いただいた通り、275種類の預金に対応といいつつも、そのほとんどは1ヶ月定期で1%程度の低金利です。

とはいえ、増えないよりはましなので、値上がり期待のコインなどを分散して保有する場所の一つとして利用するのには良いかもしれません。

出金手数料が実費

NexoやBlockFiには、出金無料枠がありますが、Vauldにはありません。

とはいえ法外な出金手数料を取る取引所よりは、マシかも知れません^^;

レンディングサービスの共通リスク

リターンとリスクは相反するもの。これだけ高金利であるからには、それなりのリスクを伴います。
Vauldに限らず、レンディングサービス自体の共通リスクをおさらいしておきましょう!

①流動性リスク:出金にかかるロスタイム
②信用リスク:企業自体の貸し倒れリスク
③納税の手間:利益を申告する必要あり

Vauldの口座開設方法【5分作業】

Vauldの口座開設は、ざっと次の2ステップ5分程度で完了します。

①必要事項の入力
②メール認証

詳しい手順は、スライドをご参照下さい。

HowToOpen_Vauld-Account__0000_01
HowToOpen_Vauld-Account__0001_02
HowToOpen_Vauld-Account__0002_03
HowToOpen_Vauld-Account__0003_04
HowToOpen_Vauld-Account__0004_05
HowToOpen_Vauld-Account__0005_06
HowToOpen_Vauld-Account__0006_07
HowToOpen_Vauld-Account__0007_08
HowToOpen_Vauld-Account__0008_09
HowToOpen_Vauld-Account__0009_10
HowToOpen_Vauld-Account__0010_11
HowToOpen_Vauld-Account__0011_12
previous arrow
next arrow
HowToOpen_Vauld-Account__0000_01
HowToOpen_Vauld-Account__0001_02
HowToOpen_Vauld-Account__0002_03
HowToOpen_Vauld-Account__0003_04
HowToOpen_Vauld-Account__0004_05
HowToOpen_Vauld-Account__0005_06
HowToOpen_Vauld-Account__0006_07
HowToOpen_Vauld-Account__0007_08
HowToOpen_Vauld-Account__0008_09
HowToOpen_Vauld-Account__0009_10
HowToOpen_Vauld-Account__0010_11
HowToOpen_Vauld-Account__0011_12
previous arrow
next arrow

VauldのKYC

2022年5月時点では、Vauldの利用にKYC(本人確認)なしでも利用可能できています。

海外サービスのKYCでは、基本的にパスポートが必要となるので、今後必要になった際にすぐにKYCが通せるようにパスポートの保有は必須ですので、ご留意下さい!

Vauld Refferal Cord(紹介コード)で+2.5%利息ボーナス!

Valud Referral Cord(招待コード)

新規登録時に「Refferal Cord」を入力するとお互いに2.5%の利息ボーナスを受け取ることができます。

通常紹介者に5%の報酬が入る設定ですが、ブログご訪問の感謝を込めて、はんぶんこモードに設定しております。ぜひご活用下さいませ!

Referral Code|thunks

Vauldの使い方

Vauldの詳しい使い方については、別記事にまとめましたので、以下の記事をご参照ください。

結論 分散保有の選択肢の一つに!

今回の記事では、最大金利12.68%を誇るレンディングサービスVauldについて調査してみました。

レンディングサービスは金利が高いものの、その分リスクも高いので、大きな資産を入れるかどうかについては、十分な検討が必要です!ご自身でも十分検討した上で、計画的にご利用下さい!

それではさよなら、ババイバーイナンス ←手数料10%OFFでご招待

関連|スイス発!YouHodlerの使い方|BTC年利4.8%運用

タイトルとURLをコピーしました