PLTウォレットの使い方|作り方・送金&手数料・ステーキング etc…

PLTウォレットの使い方|作り方・送金&手数料・ステーキング etc…ウォレット

こんにちは。DeFi牧場のおーじぃ(@DeFi_Ranch)です。

日本初上場のユーティリティートークンPLT(パレットトークン)の抽選に参加し、幸運にも1口1,000PLTをゲットすることに成功しました。

一時最高値94.8円(23.4倍)を記録しましたが、2022年5月時点では、25円前後を推移しており、お手頃な価格を推移しています。

IEOから約1年が経ちましたが、その用途はほとんどなく、価格が下落し続けていたのですが、今話題の「クリプト忍者パートナーズ」とのコラボゲーム『CryptoNinjaParty』が2022年夏以降に遊べるようになるとのことで、再び注目を集めています。

PLTの詳細はコチラの記事をご参照ください。

関連記事
>> 5分解説!仮想通貨PLT(パレットトークン)とは?将来性をお妻様にわかりやすくご提案【NFT】

そこで今回の記事では『CryptoNinjaParty』を遊ぶために必要となる「PLTウォレット」の使い方について解説します。

PLTウォレットの作り方【20分作業】

まず「PLTウォレット」アプリでは、ウォレットを2種類作る必要があります。

①ETH(イーサリアム)ウォレット
②PLT(パレット)ウォレット

PLTウォレット

PLTウォレット

posted withアプリーチ

PLT(パレットトークン)は、ERC20準拠で作られたイーサリアム系のトークンです。取引所からのPLTの出入金は、イーサリアム上でアプリに反映され、アプリ上でパレットチェーンに変換(ブリッジ)する必要があります。

まずは、以下のスライドを参考に2つのウォレットを作成して下さい。

PLT-Wallet_OPEN_01
PLT-Wallet_OPEN_02
PLT-Wallet_OPEN_03
PLT-Wallet_OPEN_04
PLT-Wallet_OPEN_05
PLT-Wallet_OPEN_06
PLT-Wallet_OPEN_07
PLT-Wallet_OPEN_08
PLT-Wallet_OPEN_09_resize
previous arrow
next arrow
PLT-Wallet_OPEN_01
PLT-Wallet_OPEN_02
PLT-Wallet_OPEN_03
PLT-Wallet_OPEN_04
PLT-Wallet_OPEN_05
PLT-Wallet_OPEN_06
PLT-Wallet_OPEN_07
PLT-Wallet_OPEN_08
PLT-Wallet_OPEN_09_resize
previous arrow
next arrow

PLTウォレットの入金方法【10分作業】

PLT入金までの全体の流れは、下記の4ステップです

①PLTを購入する
PLTPLTウォレット(イーサリアム)に送金する
ETHPLTウォレット(イーサリアム)に送金する
④PLTをPLTウォレット(パレットチェーン)にブリッジする

イーサリアムチェーンウォレットとパレットチェーンウォレットを両方使うので、混乱しないように注意しましょう^^;

ePLT(イーサリアム上のPLT)
pPLT(パレットチェーン上のPLT)

PLT表記だけだと頭が混乱してしまいそうので^^;
詳細の解説では、以下の通り、表記を変えてご説明します。

ePLTを購入する

2022年6月時点、国内取引所でePLTを購入できるのはコインチェックOKCoinJapanのみです。
今回は、コインチェックの画面で購入方法を解説します。

ホーム画面 > 現物取引 > PLTを開き、レート&注文量を入力するだけで、注文できます。

※取引所のみの取扱いのため、アプリからの購入はできないようです。

ePLTをPLTウォレット(イーサリアム)に送金する

暗号資産の送金で「PLT」を選択、宛先を追加して、必要事項を記入して下さい。
詳しい手順は、以下のスライドをご参照下さい。

HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_01
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_02
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_03b
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_04
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_05
previous arrow
next arrow
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_01
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_02
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_03b
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_04
HowToWithdraw-PLT_on_Coincheck_05
previous arrow
next arrow

ETHをPLTウォレット(イーサリアム)に送金する

ePLTと同様の手順でETHを購入し、PTLウォレット(イーサリアム)に送金して下さい。

合計手数料は0.01ETHほどでしたが、帰り道も想定して2.5倍(0.025ETH)ほど入金しておくのが良いかと思います。

もし、メタマスク他の取引所にすでにETHを保有しているのであば、手数料の安い方法でOKです!

PLTをPLTウォレットに送金(ブリッジ)する

PLTウォレット(イーサリアム)ePLTpPLTにブリッジします。
詳しい手順は、以下のスライドをご参照下さい。

ブリッジ先の受信アドレスは、以下の目印を参考にPLTウォレット(パレットチェーン)のアドレスをコピーして下さい。

HowToBridge-PLT_01
HowToBridge-PLT_03
HowToBridge-PLT_04
HowToBridge-PLT_05
HowToBridge-PLT_06
HowToBridge-PLT_07
HowToBridge-PLT_08
previous arrow
next arrow
HowToBridge-PLT_01
HowToBridge-PLT_03
HowToBridge-PLT_04
HowToBridge-PLT_05
HowToBridge-PLT_06
HowToBridge-PLT_07
HowToBridge-PLT_08
previous arrow
next arrow

PLTのステーキング

PLTウォレット(パレットチェーン)上のpPLTは「ステーキング」することもできます。

PLTのステーキングとは?

イメージしやすく言い換えると「定期預金×株の配当」のような感じで、保有するpPLTを一定期間預けることで、預け先から報酬がもらえる仕組みです。

2022年6月時点の利回りは約17%となっています。

ステーキングの詳細については、以下の記事もご参照下さい。

関連記事
>> 仮想通貨ステーキングとは?仕組みや意味やリスクを初心者が解説

PLTのステーキングのメリット・デメリット

pPLTをステーキングする際のメリット・デメリットは以下の通り。

メリット

◯ 預けるだけで報酬がもらえる
◯ 利回りが高い
◯ 手間がかからない

デメリット

✕ ロック期間(3-6日間)がある
→ その間価格が暴落しても売れない

価格変動の大きな暗号資産をロックされるのは、現金とは違い大きなリスクを伴います。
あくまでも余裕資金を使ってチャレンジしてみましょう!

PLTウォレットのステーキング方法【5分作業】

PLTウォレットでは、かんたんにステーキングすることができます。
詳しい手順は、以下のスライドをご参照下さい。

HowToStake-PLT_01
HowToStake-PLT_02
HowToStake-PLT_03
HowToStake-PLT_04
HowToStake-PLT_05
HowToStake-PLT_06
HowToStake-PLT_07
previous arrow
next arrow
HowToStake-PLT_01
HowToStake-PLT_02
HowToStake-PLT_03
HowToStake-PLT_04
HowToStake-PLT_05
HowToStake-PLT_06
HowToStake-PLT_07
previous arrow
next arrow

結論 PLTを年利17%でコツコツステーキング

今回の記事では、「PLTウォレット」の使い方について解説しました。

価格もだいぶ下がってきましたし、いろいろなIPとのコラボ企画も続々と発表されているので、コツコツステーキングをして、価格の上昇に備えておきたいと思います。

それではさよなら、ババイバーイナンス ←手数料10%OFFでご招待

関連|利回り40%のONT(オントロジー)ウォレットでステーキング

送金手数料1ONT(約100円)で気軽にスマホステーキングができるオントロジー(ONT)で運用中。

関連|海外の仮想通貨レンディング Nexo v.s. BlockFi 比較

メジャーな仮想通貨を貸し出して年利5%ほどで増やす「レンディング」も使ってます。

タイトルとURLをコピーしました