🔒Ledger Nano S PlusにNFTを移動→保管する方法【5分作業】ハードウェアウォレット

how-to-transfer-nft-to-ledger-nano-s-plusウォレット

こんにちは。DeFi牧場のおーじぃ(@DeFi_Ranch)です。

リカバリーフレーズのメモを数えてみたら26枚もあることに気づいた今日このごろ。
ブログ用にウォレットはたくさん作りましたが、大した資金は入っていません…。

とは言え、詐欺や盗難が絶えない状況で、値上がりした高価なNFTをメタマスクに入れておくのも怖いので、NFT保管用に「Ledger Nano S Plus」を購入することにしました。

関連記事
>> NFTを保護!Ledger Nano S plusの初期設定&使い方

前回の記事では、製品の特徴、初期設定、基本操作、購入方法などをご紹介しましたが、今回の記事では「具体的なNFTの保管方法」について解説します。

Ledger Nano S PlusにNFTを移動→保管する方法【各5分作業】

ここでは、メタマスクで購入したNFTを「Ledger Nano S Plus」に保管(送信)する方法を3つご紹介します。

①OpenSeaからNFTを送信する【スマホ/パソコン】
②OpenSea購入時に転送する【スマホ/パソコン】
③メタマスクからNFTを送信する【スマホのみ】

それぞれ詳しく解説します。

OpenSea(オープンシー)からNFT送信する【スマホ/パソコン】

基本的に、メタマスク単体ではNFTを表示することができないため、オープンシーなどの外部サービスと連携する必要があります。

今回は、スマホ版「メタマスク×オープンシー」でのNFT送信方法をご紹介します。
あらかじめ送信先(Leger Nano S Plus)のアドレスをご用意下さい。

操作は、簡単4ステップです。

①送信したいNFTを開く
②紙飛行機(トランスファー)ボタンを押す
③送信先アドレスをペーストし[Transfer]
④ガス代見積もりを確認し[確認]

詳しい手順は、次のスライドをご参照下さい。

OpenSea購入時に転送する【スマホ/パソコン】

オープンシーでNFTを購入する際、別途、受取用アドレスを指定することもできます。
直接保管用ウォレットに送られるので、手間も手数料も節約できます。

操作は、簡単4ステップです。

①欲しいNFTを[Add to cort]
②[Send to a different wallet]を開き
送信先アドレスをペースト
③[Complete purchase]を押す
④見積もりをチェックして[確認]

詳しい手順は、次のスライドをご参照下さい。

メタマスクでNFT送信する【スマホのみ】

スマホ版のメタマスクは、初期設定ではNFTを表示することができませんが、手動でトークンをインポートし、NFTを表示させると、送信もできるようになります。

操作は、簡単4ステップです。

①メタマスクNFTタブを開く
②送信したいNFTを開き[送信]
③送信先アドレスをペーストし[次へ]
④画像を確認し[次へ]
⑤ガス代見積もりを確認し[送信]

詳しい手順は、次のスライドをご参照下さい。

3つとも「Ledger」で受け取れました!

オープンシーやメタマスクから送られてきたNFTは、数分後にはLedgerのアドレスに到着。
もちろん「Ledger Live」を使えば、画像やプロパティも見ることができます!

※一部マイナーなNFTや特殊なNFTは、画像が見えない場合もあります。

一度受け取ってしまえば、後はオフライン環境で安全にNFTを保管しておくことができます。

これで「Ledger Nano S Plus」 を引き出しから引っ張り出さない限り、何人たりともNFTを動かすことができません!

※それでもリカバリーフレーズを奪われたら、盗まれちゃいますが…

ブログ用のテスト送信は十分に済んだので、これから大物もLedgerに保管したいと思います!

注意事項

今回のNFTはすべてイーサリアムチェーン上の作品でしたが、オープンシーでは複数のチェーンが利用可能です。

購入したNFTがどのチェーンを利用しているのか、わからない場合は、一度確認をしてから、送信してするようにして下さい。

OpenSea対応チェーン(2022年10月時点)

でも本当に「Ledger Nano S Plus」を買う必要ありますか?

人間は「損をしたくない」生き物です。

ので、詐欺や盗難と聞くと、焦って「対策しなきゃ!」となってしまいますが、そもそもあなたが保管したいNFTにはどれだけの価値があるのでしょうか?

Ledger Nano S Plusの価格は、約12,500円

仮に合計125,000円分のNFTを持っていたとして、保管料に10%支払うことになります。

もちろん、NFT以外の仮想通貨も保管できますが、保管するものがある程度の額を超えるまでは、直接、仮想通貨やNFTを買い足した方が効率的な気もします。

もし、購入を検討される場合、守りたい資産(NFTや仮想通貨)に何%分の保管料を支払うのか?と考えてみると良いかもしれません。

とか言いつつも、私は世界一売れているウォレットを触ってみたいと言うだけで、買ってしまっていますが… ^^;

\ 世界3,000万人の暗号資産を守る! /

日本初「NFT盗難防止機能」が登場!!

CNP(クリプトニンジャ)、APP(あおぱんだパーティ)、CTD(チムニータウンDAO)などの、日本発のNFTホルダーに朗報です!!

今後新しく発行される国産NFTに「NFT盗難防止機能」が搭載されます!

搭載予定のNFTコレクション

10/30(日) 発売 Aopanda Party(あおぱんだパーティ)
10/31(月) 発売 ハロウィンプペルNFT

詳しくは、別記事にまとめましたので、気になる方は合わせてどうぞ!

関連記事
>> NFT初心者を詐欺やハッキングから守る新機能「NFT盗難防止機能」が登場!

結論 NFTは詐欺&盗難まみれ…

今回の記事では「具体的なNFTの保管方法」について解説しました。

非常に残念なことに、初心者が参入が多いNFT界隈では、詐欺師が目を光らせて獲物を狙っています。

新たに発行されるNFTには、前述した「NFT盗難防止機能」で被害を抑えることができそうですが、既に発行済のものや海外のNFTに関しては、自力で守る努力が必要になります。

ハードウェアウォレットなどの機材に頼るだけでなく、自身の知識もしっかり身につけて安全第一でNFTを楽しみましょう!

ではまた!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました