サクサク進む「SafePal S1 Wallet」の初期設定&使い方(入金/送金)|仮想通貨ウォレット

サクサク進む「SafePal S1 Wallet」の初期設定&使い方(入金/送金)|仮想通貨ウォレットウォレット

こんにちは。DeFi牧場のおーじぃ(@DeFi_Ranch)です。

前回お伝えしたとおり、バイナンスからの資金の避難先として、ハードウェアウォレット「SafePal S1 Wallet」を購入してみました。

すでには「Ledger Nano S」も利用していますが、小さな液晶とボタンの操作性はイマイチで、普段使いにはかなりのストレスです。

そこでスマホアプリに連動し、使い勝手も良さそうな「SafePal S1 Wallet」に白羽の矢が立ちました。

家電が届くとすぐに開封し、いじりたくなる欲求がありますが、ハードウェアウォレットに関しては、初期設定で「ニーモニックフレーズ」をメモる!という大事な儀式があります。

「ニーモニックフレーズ」とは?
仮想通貨の「秘密鍵」を復元・複製するための”12〜24個の英単語”で構成されるヒミツの呪文。言い方がたくさんあり混乱しやすいですが、以下のような名前は基本的に全て同じと考えて大丈夫です。

例)リカバリーフレーズ、バックアップフレーズ、シードフレーズ、リカバリーシードetc…

そこで今回は、初期設定から入金・出金までの基本的な使い方をわかりやすくまとめてみます。

サクサク進む「SafePal S1 Wallet」の初期設定&使い方

「SafePal S1 Wallet」本体では「十字キー」と「決定ボタン」を使って、初期設定をサクサク進めることができます。

最重要課題は「ニーモニックフレーズ」をきっちりメモること!
※大事なので2回言います。

それだけ肝に銘じて、ちゃっちゃと終わらせちゃいましょう。

用意するもの

初期設定をはじめる前ににあらかじめ用意するものは、下記の3点です。

①SafePal S1 Wallet 本体【以下、S1】
②SafePal Wallet (アプリ版)【以下、SafePalアプリ】
③ニーモニックフレーズのメモ用紙(本体の箱にも同梱)

SafePal Wallet

SafePal Wallet

無料posted withアプリーチ

アプリは、上記URLからダウンロードしておいて下さい。

「SafePal S1 Wallet」本体の初期設定【約10分】

「S1」本体で行う初期設定は、ざっくり下記の4ステップです。

①新規/回復(リカバリー)を選択する
②ニーモニックフレーズをメモる
③PINを設定する
④ウォレットに名前をつける

具体的な操作方法については、以下の動画がわかりやすいのでご確認下さい。

SafePalアプリとの連携【約2分】

「S1」本体側の初期設定が終わったら、SafePalアプリとの連携(バインド)をします。
その後、お互いのQRコードをちちくりあいます。

まずは、SafePalアプリを開き「新しいハードウェアウォレットの追加」を選択して下さい。
その後、、、①〜④の順番に操作

SafePalアプリ「S1」本体
①QRコードが表示される②QRコードをスキャンする
④QRコードをスキャンする③QRコードが表示される

具体的な手順は、下記のスライドをご参照下さい。

01_SafePal-S1-Initial_01
01_SafePal-S1-Initial_02
01_SafePal-S1-Initial_03
01_SafePal-S1-Initial_04a
01_SafePal-S1-Initial_04b
01_SafePal-S1-Initial_05a
01_SafePal-S1-Initial_05b
01_SafePal-S1-Initial_05c
01_SafePal-S1-Initial_05d
01_SafePal-S1-Initial_05e
01_SafePal-S1-Initial_06
previous arrow
next arrow
01_SafePal-S1-Initial_01
01_SafePal-S1-Initial_02
01_SafePal-S1-Initial_03
01_SafePal-S1-Initial_04a
01_SafePal-S1-Initial_04b
01_SafePal-S1-Initial_05a
01_SafePal-S1-Initial_05b
01_SafePal-S1-Initial_05c
01_SafePal-S1-Initial_05d
01_SafePal-S1-Initial_05e
01_SafePal-S1-Initial_06
previous arrow
next arrow

最後に、それぞれの「ビットコインアドレス」が同じであることを確認しましょう。

SafePalアプリとの連携を確認する

すべての文字列は公開できないのですが、、、
いずれも「13G**********Df」といった文字列になっており、連携されていることがわかりました。

もちろんビットコイン以外のアルトコインのアドレスも連携されていますので、時間があれば他の通貨も確認してみて下さい。

「SafePal S1 Wallet」への入金テスト【約3分】

最後に実際にハードウェアウォレットへの「入金」をテストします。

「S1」本体に登録した通貨を別のウォレットから「送金」します。

そもそも、わたしの場合はバイナンス口座からの避難先として「S1」を購入したので、バイナンス口座から「送金」したいと思います。

※テスト送金は、まずは数百円程度で試すようにしてください。

具体的な操作手順は、以下のスライドをご参照下さい。

02_SafePal-S1-Deposit_01
02_SafePal-S1-Deposit_02
02_SafePal-S1-Deposit_03
02_SafePal-S1-Deposit_05
02_SafePal-S1-Deposit_06
02_SafePal-S1-Deposit_06b
02_SafePal-S1-Deposit_07a
02_SafePal-S1-Deposit_07b
02_SafePal-S1-Deposit_07c
02_SafePal-S1-Deposit_07d
02_SafePal-S1-Deposit_07e
02_SafePal-S1-Deposit_08
02_SafePal-S1-Deposit_09
02_SafePal-S1-Deposit_10
previous arrow
next arrow
02_SafePal-S1-Deposit_01
02_SafePal-S1-Deposit_02
02_SafePal-S1-Deposit_03
02_SafePal-S1-Deposit_05
02_SafePal-S1-Deposit_06
02_SafePal-S1-Deposit_06b
02_SafePal-S1-Deposit_07a
02_SafePal-S1-Deposit_07b
02_SafePal-S1-Deposit_07c
02_SafePal-S1-Deposit_07d
02_SafePal-S1-Deposit_07e
02_SafePal-S1-Deposit_08
02_SafePal-S1-Deposit_09
02_SafePal-S1-Deposit_10
previous arrow
next arrow

もちろん、バイナンス口座以外のウォレットからでも「S1」に送金できます。
各自、ご自身の口座からの送金方法を調べて、「S1」ウォレットに入金してみて下さい。

余計なひとこと

\ 少し小難しい話なので、混乱したくない人は読み飛ばそう! /

実は、入金すると言っても「S1」本体の中に通貨が入るわけではありません。
あくまで送金した通貨の所有権が「S1」の「秘密鍵」にひも付けられたという認識です。

それゆえ「S1」本体を壊したり、なくしたりしても、ニーモニックフレーズ(≒秘密鍵)さえあれば、通貨の所有権を復元することが可能なのです。

ゆえゆえ「ニーモニックフレーズ」を他人に知られてしまうと所有権を奪われてしまうのです。
ゆめゆめご注意下さい。

「SafePal S1 Wallet」からの出金テスト【約5分】

入金が完了したら「出金」についても一度トライしてみましょう!
せっかく入金したお金が取り出せなかったら元も子もありません。

具体的な操作手順は、以下のスライドをご参照下さい。

03_SafePal-S1-Withdrawal_01
03_SafePal-S1-Withdrawal_02
03_SafePal-S1-Withdrawal_03
03_SafePal-S1-Withdrawal_05a
03_SafePal-S1-Withdrawal_05b
03_SafePal-S1-Withdrawal_06
03_SafePal-S1-Withdrawal_07
03_SafePal-S1-Withdrawal_08
03_SafePal-S1-Withdrawal_09
03_SafePal-S1-Withdrawal_10
03_SafePal-S1-Withdrawal_11
03_SafePal-S1-Withdrawal_12
03_SafePal-S1-Withdrawal_13
03_SafePal-S1-Withdrawal_14
03_SafePal-S1-Withdrawal_15
03_SafePal-S1-Withdrawal_15b
03_SafePal-S1-Withdrawal_16
previous arrow
next arrow
03_SafePal-S1-Withdrawal_01
03_SafePal-S1-Withdrawal_02
03_SafePal-S1-Withdrawal_03
03_SafePal-S1-Withdrawal_05a
03_SafePal-S1-Withdrawal_05b
03_SafePal-S1-Withdrawal_06
03_SafePal-S1-Withdrawal_07
03_SafePal-S1-Withdrawal_08
03_SafePal-S1-Withdrawal_09
03_SafePal-S1-Withdrawal_10
03_SafePal-S1-Withdrawal_11
03_SafePal-S1-Withdrawal_12
03_SafePal-S1-Withdrawal_13
03_SafePal-S1-Withdrawal_14
03_SafePal-S1-Withdrawal_15
03_SafePal-S1-Withdrawal_15b
03_SafePal-S1-Withdrawal_16
previous arrow
next arrow

ぶじ出金ができたら、基本のテスト作業は完了です。

お疲れさまでした!m(_ _)m

「SafePal S1 Wallet」の復旧テスト【約15分】

余裕があれば、初期設定で取得したニーモニックフレーズに間違いがないか、一度テストをしておきましょう。
復旧作業は、単体で確認したい人もいると思うので、別記事にまとめました。

以下の記事を参考に、復旧作業を行って下さい。

(準備中)

結論 「S1」の署名作業はちょっとめんどう。ゆえに安全

今回は、バイナンス資金の避難先として購入した「SafePal S1 Wallet」の初期設定から入金・出金までの基本的な使い方をわかりやすくまとめてみました。

基本的に、一度ハードウェアウォレットに入れた通貨はあまりいじらずに寝かせておくことがほとんどだと思いますので、操作を忘れがちです。

もしも操作方法を忘れてしまったときは、このページを備忘録として見直せるように、簡潔にまとめたつもりですので、みなさんもぜひブクマしてご活用下さい!

それではさよなら、ババイバーイナンス ←手数料10%OFFでご招待

タイトルとURLをコピーしました