DeFi運用におすすめの仮想通貨ウォレット3選+α【MetaMask/Phantom/Terra Station】

DeFi運用におすすめのホットウォレット3選+α【MetaMask/Phantom/Terra Station】ウォレット

こんにちは。DeFi牧場のおーじぃ(@DeFi_Ranch)です。

2021年は、DeFi牧場というタイトルの割に、税金の計算が面倒そうであまり活用できませんでした。
しかし、確定申告用に導入した税金自動計算サービス「Koinly」のおかげ様で、ようやく2022年は全力でDeFiを活用する決意ができました。

関連記事
>> DeFi対応!仮想通貨の税金自動計算サービス「Koinly」で確定申告が気持ちイイ♪

DeFiを利用するためは、まず仮想通貨のウォレットをインストールする必要があり、わたしも基本のMetaMaskは利用しています。

が、利用するサービス(チェーン)によって、対応ウォレットが異なる場合もあります。

そこで今回の記事では「代表的な仮想通貨ウォレット3選+α」についてまとめてみたいと思います。

DeFi運用におすすめの仮想通貨ウォレット まとめ

DeFi関連サービスで利用されている仮想通貨ウォレットをざっとまとめてみました。

ウォレット名主な利用チェーン手数料
支払通貨
パソコン版
(chrome拡張)
MetaMaskイーサリアム
BSC(Binance)
Polygon など
ETH
BNB
MATIC
DownLoad
PhantomSolanaSOLDownLoad
Terra StationTerraUSTDownLoad
Avalanche-WAvalancheAVAXWEB
Fantom fWFTMOperaFTMWEB
NEAR-WNEAR(Aurora)NEARWEB
dot-WPolkadotDOTDownLoad
Daedalus-WCardanoADA専用ソフト
Ronin-WRonin sidechainRONDownLoad
PlugDfinintyICPDownLoad
※名称のWalletは”W”に省略

みなさんご存知のMetaMaskを始め、今や星の数ほどのウォレットが存在するので、どれを利用すればよいのか迷うし、全部使うのはなんだかめんどくさそうです…。

ココは一旦、ホットウォレットは何のために利用するのか?
改めて確認しておきましょう。

過疎通貨のウォレットとは?

そもそも仮想通貨のウォレット(財布)は、大きく”ホット or コールド”の2つがあります。
違いはシンプルで”ネットに接続しているか否か”です。


ネット接続利便性安全性用途
ホットウォレットあり高い低い取引用通貨の保管
(必要最小限)
コールドウォレットなし
(必要最小限)
低い高い長期保有通貨
の保管

現実生活で考えると「銀行口座(長期保存)」「現金を入れる財布(必要な分)」のように分けて使うイメージで、財布に入れて持ち歩くと、紛失したり盗まれるリスクがあります。

現実生活と違う点は、仮想通貨の場合、お店でモノやサービスを購入するだけでなく、通貨自体を預けることで利息を得て増やすことができる点です。

そのため、ついついホットウォレット(取引用)に資金を多めに入れがちになりますが「保管する量」「持ち歩く量」のバランスは、あらかじめよく検討しておく必要があります。

つまり、ホットウォレットを利用する目的は、ズバリ「仮想通貨を使うため」です。

ちなみにわたしの場合、長期保有通貨の約15%はハードウェアウォレットに保管しつつ、ホットウォレットの種類アカウントも複数に分散するよう心がけてます。

DeFi運用におすすめのウォレット3選

DeFiに利用される代表的なウォレットをいくつか紹介します。

MetaMask(メタマスク)

イーサリアム($ETH)ベースのWebサイト用に開発されたホットウォレットの大定番!

イーサリアムに限らず、バイナンススマートチェーン($BNB)Polygon($MATIC)といった様々なブロックチェーンも登録すれば利用でき、世界で2,000万人以上のユーザーに利用されています。

MetaMaskは、DeFiやWEB3.0時代の標準ウォレットといっても過言ではありません。

MetaMaskのインストール方法【15分作業】

MetaMaskのインストール方法は
スライドをご参照ください!

公式サイト|https://metamask.io/

HowToUse-Metamask_01
HowToUse-Metamask_02
HowToUse-Metamask_03
HowToUse-Metamask_04
HowToUse-Metamask_05
HowToUse-Metamask_06
HowToUse-Metamask_07
HowToUse-Metamask_07b
HowToUse-Metamask_09
HowToUse-Metamask_11
HowToUse-Metamask_13
HowToUse-Metamask_14
HowToUse-Metamask_14b
previous arrow
next arrow
HowToUse-Metamask_01
HowToUse-Metamask_02
HowToUse-Metamask_03
HowToUse-Metamask_04
HowToUse-Metamask_05
HowToUse-Metamask_06
HowToUse-Metamask_07
HowToUse-Metamask_07b
HowToUse-Metamask_09
HowToUse-Metamask_11
HowToUse-Metamask_13
HowToUse-Metamask_14
HowToUse-Metamask_14b
previous arrow
next arrow

Phantom(ファントム)

DeFIやNFTのプロジェクトが起動したことをきっかけに2021年に暴騰したソラナ($SOL)用のウォレット。

ウォレット単体で、所有NFTが見やすかったり、SOLのステーキングができるなど、MetaMaskよりも使い勝手が良い印象です。

ソラナ最大のDeFiアプリRaydiumのアクティブユーザーはまだ20万人ほどで、比較的新しめのホットウォレットです。

Phantomのインストール方法【15分作業】

Phantomのインストール方法は
スライドをご参照ください!

Chrmeウェブストア|Phantom

HowToUse-Phantom_01
HowToUse-Phantom_02
HowToUse-Phantom_03
HowToUse-Phantom_04
HowToUse-Phantom_05
HowToUse-Phantom_06
HowToUse-Phantom_07
previous arrow
next arrow
HowToUse-Phantom_01
HowToUse-Phantom_02
HowToUse-Phantom_03
HowToUse-Phantom_04
HowToUse-Phantom_05
HowToUse-Phantom_06
HowToUse-Phantom_07
previous arrow
next arrow

Terra Station(テラステーション) ※崩壊中…

同じく2021年に人気を博した韓国発のステーブルコインプロジェクトTerra($LUNA)のウォレットです。

基本通貨はシンプルに2つ

ドル価格に連動するステーブルコイン「$UST」と、その価格を制御するためのガバナンストークン「$Luna」です。

Terraは、2022年1月現在のTVL(担保された資産の総量)がイーサリアムに次ぐ第2位となっており、あっという間にBSCを抜き去り、ステーブルコイン「$UST」は同カテゴリの時価総額4番手まで追い上げています。

2022年5月追記|$UST&Terra($LUNA)崩壊…

おすすめしておいて申し訳ないですが、年利20%で人気を博したステーブルコイン$USTとその価格いぢに使われるTerra($LUNA)システムが仮想通貨の暴落とともに崩壊してしまいました。

幸い、私は2ヶ月前に「仕組みの理解ができない」という理由で全額売却し難を逃れることができました。

「理解できないものには投資はしない」という教科書のような事例を実体験として学ぶことができました。

関係者のご冥福をお祈りします。
Ω\ζ°)チーン

Terra Stationのインストール方法【15分作業】

Terra Stationのインストール方法は
以下のスライドをご参照ください!

Chrmeウェブストア|Terra Station Wallet

HowToUse-TerraStation_01
HowToUse-TerraStation_02
HowToUse-TerraStation_03
HowToUse-TerraStation_04
previous arrow
next arrow
HowToUse-TerraStation_01
HowToUse-TerraStation_02
HowToUse-TerraStation_03
HowToUse-TerraStation_04
previous arrow
next arrow

MetaMaskに追加したい4つのチェーン

ここでは、MetaMaskに追加しておきたい4つのチェーンをご紹介します。
まずはチェーンの追加に便利なツールのご紹介から!

MetaMaskの便利ツール「Chainlist」

MetaMaskに新しいネットワークを追加する際に便利な「Chainlist(チェーンリスト)」
かんたん3ステップでネットワークをサクッと追加できます!

Chainlistを利用することで、以下のようなEVM(イーサリアム仮想マシン)対応ネットワークをメタマスクに追加することができます。代表的な対応ネットワークは、以下の通りです。

BSC(バイナンススマートチェーン) / Arbitrum(アービトラム) / Avalanche(アバランチ) / Fantom(ファントム) / Polygon(ポリゴン) などなど

BSC($BNB)

第二次DeFiブームの火付け役となったBSC(BinanceSmartChain)は、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが開発したブロックチェーンです。

手数料が高額なイーサリアムに対し、数十円〜数百円のコストでDeFiが利用できるため、資金の少ない初心者ユーザーも気軽にDeFiが利用を始めることができました。

一方で、イーサリアムプロジェクトのオープンソースを利用して量産されたパクリプロジェクトの中には欠陥も多く、バグによる資金の流出詐欺も多く、多くの被害者も生み出しました。

とは言え、ユーザーが多い分、使い方の情報が豊富なので、DeFiの基本を覚えるためには最も適したチェーンだと思います。

代表的なサービス

PancakeSwap($CAKE)
…スワップ(通貨の交換)、ファーミング(流動性の提供)、ステーキング、くじ、NFT購入など
Venus($XVS)
…ステーブルコインのミント(鋳造)、レンディング(通貨の貸し出し)

Polygon($MATIC)

イーサリアムのサイドチェーン(機能拡張)として開発されたPoligon(ポリゴン)は、NFTでおなじみOpenSea(オープンシー)を始め、様々なイーサリアム系プロジェクトに実装される低コスト&高速処理のブロックチェーンです。

一方で、Poligon(サイドチェーン全般)は、イーサリアムと比較して分散性が劣る(マイナーが少ない)ため、51%攻撃に弱いと言ったセキュリティー面での不安もあります。

代表的なサービス

QuickSwap($QUICK)
…スワップ(通貨の交換)、トレード(指値注文)、ファーミング(流動性の提供)など
Klima DAO($KLIMA)
…気候変動問題の改善を目指し、カーボンクレジット(炭素排出枠)の効率化を目指すプロジェクト。

Avalanche($AVAX)

分散型金融(DeFi)に特化したプラットフォームを目指して開発されたAvalanche(アバランチ)は、独自通貨AVAXを手数料とし、使用後にバーン(焼却)される仕組みで価値を長期的に上昇させる仕組みのプロジェクト。

故に、DeFiサービスを中心に実装が進められており、AVAXは時価総額で20位以内TVL(担保資産)でも4番手に位置しています。

代表的なサービス

Trader Joe($JOE)
…スワップ(通貨の交換)、ブリッジ(他チェーン通貨の変換)、ファーミング(流動性の提供)など

Fantom($FTM)

Fantom(ファントム)イーサリアムの代替手段として、こちらもDeFi開発のためのブロックチェーンの1つで、1秒間に数千回&1セント未満の手数料といった処理性能で注目を集めるプロジェクトです。

イーサリアムのアプリをコピペで移植ができ、報奨金なども提供しているため、去年の4月頃からの約8ヶ月ほどで100を超えるサービスがローンチされており、今後の成長にも期待が高まっています。

代表的なサービス

SpookySwap($BOO)
…スワップ(通貨の交換)、ブリッジ(他チェーン通貨の変換)、ファーミング(流動性の提供)など
Scream($SCREAM)
…レンディング(通貨の貸し借り)、ステーキング

結論 仮想通貨ウォレットは3つ以上に分散したい

今回の記事では「代表的な仮想通貨ウォレット3選+α」についてまとめてみました。

ウォレット作成には、シークレットフレーズの保管が必要になるため、非常にストレス負荷の高い作業ではありますが、複数のウォレットを利用して資産を分散することで、リスクの高いDeFi利用でのハッキングや詐欺被害のダメージを軽減することができます。

また、ブロックチェーンのウォレットは、基本的に公開(パブリック)なものなので、誰でも財布の中身を見ることができます。※これにより勝手にエアドロップ(支給金)が配布されることもあります。

もし、少しでも興味のあるチェーンがあれば、早めに財布を作っておくと良いことがあるかも(?)しれませんよ!

それではさよなら、ババイバーイナンス ←手数料10%OFFでご招待

関連|【ハードウォレット】SafePal S1の買い方 ▶ 資産の避難場所

長期保有のための通貨は、安全第一のハードウェアウォレットに保管しておきましょう!
初心者の方にはコスパ最強のSafePal-S1がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました